商学部の取組み

商学部の取組み

商学部独自の「入門6科目」で、商学の初心者も安心!

商学部の各学科では、「流通論入門」「金融論入門」「会計学入門」「経営学入門」「情報処理入門」「基礎簿記」の6科目を「入門6科目」と位置付けています。これらの科目は、商学部の2年時以降の専門科目をマスターする上で欠かせない基礎科目。本学商学部では、高等学校で習った科目に関係なく同じスタートラインに立てるように万全の体制で新入生をバックアップします。

習熟度別クラス編成

商学部には、普通高校、商業高校、工業高校、農業高校、留学生ほかさまざまな学生が入学しています。そこで、特に高等学校での授業時間数の違いやカリキュラムの違いで差がつきがちな情報処理入門、基礎簿記、英語については、習熟度別クラス 編成を行っています。得意な科目は高度なレベルにより早く到達できるよう、また、不得意な科目は地力をつけるためにじっくりと勉強できるよう配慮しています。さらに、これらの科目は特に少人数クラスとなるよう工夫しています。

FD研究会

商学部では、教員個々の授業改善のために、FD研究会を 定期的に開催しています。授業の仕方や工夫をお互いに発表し合い、よりよい授業ができるよう、研鑚しています。最近の発表は次のとおりです。

「最新情報機器の活用による授業改善について」
「通年4単位科目の半期4単位科目への移行~マーケティング論における経験」
「私の授業自慢」
「メルボルン大学商学部のカリキュラムと運用」
「韓国の教育事情」
「FD研修会(パワーポイント入門)」
「商学部入学生の志望動機調査結果」
「講義にあたって注意していること」
「ホスピ学科における基礎演習の試み」