三つのポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

ディプロマ・ポリシー

 商学部では、本学の建学の精神に基づき、幅広い教養と理論的かつ実践的な専門知識・技能を修得し、次のような能力を身に付けた者に学位を授与します。

1.【多文化・異文化に関する知識の理解、人類の文化・社会・自然に関する知識の理解】

 企業をはじめとする組織の活動に関する知識を体系的に理解するとともに、その知識体系の意味を歴史・社会・自然と関連付けて理解し、さらに多文化・異文化と関連づけて理解できる。

2.【コミュニケーションスキル】
 他者の意見に耳を傾け理解するとともに、自分の意見や考えを的確に他者に伝えることができる。

3.【数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力】
 企業をはじめとする組織の諸活動について、問題を発見し、その問題に関する多様な情報を収集・分析することができる。さらに、数量的なデータを活用し、複眼的・論理的に思考することによって、解決策を提案できる。

4.【自主・自立性、チームワーク、リーダーシップ、倫理観、社会的責任】
 他者とのコミュニケーションを高め、他者と協調・協働するとともに、組織や地域においてリーダーシップを発揮し、社会の発展のために積極的に行動できる。

5.【生涯学習力】
 組織・地域・社会の様々な課題を解決するために、生涯を通じて自立的に学び続けることができる。

6.【総合的学習力】
 修得した知識・技能等を総合的に活用し、様々な課題を解決する創造的思考力を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

カリキュラム・ポリシー
 ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を達成するために、講義・演習・実習等の科目を、基本・発展・応用と段階的に配置し、体系的にカリキュラムを編成します。
 初年次教育では、自分の関心にしたがって主体的に学ぶことができるよう、演習及び各分野の入門科目を開講します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

アドミッション・ポリシー

 入学者受入れにあたって、以下に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲・態度を備えた人を求めます。また、多様な学生を受け入れるために、学力試験、書類審査、小論文、課題レポート、プレゼンテーション、面接等の多様な選抜方法を実施しています。

1.商学部における学修に必要な基礎的知識・技能を修得している。

2.組織や地域の課題を発見し、解決するために必要な思考力・判断力・表現力を修得している。

3.主体性をもって多様な人々と協調・協働して学ぼうとする意欲を有している。

4.流通・マーケティング分野、金融分野、組織のマネジメント分野、ホスピタリティ・マネジメント分野、簿記・会計分野、情報分野に関心を有している。

5.商学の専門知識を修得し、地域や組織のリーダーとして、積極的に社会に貢献する意欲を有している。

(2017年2月15日改定)