商学部について

「伝統」と「時代の最先端」が融合する実践的な学びの場。

本学の前身・熊本商科大学から続く「伝統」と、現在のビジネスの現場に必要な「最先端の知識」が融合する場が商学部です。商学科では、流通・マーケティング、金融、簿記会計、情報処理などの領域を中心に、ビジネスに直結する知識やスキルを身につけ、経営や組織管理などに必要とされるマネジメントについても重点的に学びます。また、ホスピタリティ・マネジメント学科では、「おもてなし」の本質を学び、ホスピタリティ産業で求められるコミュニケーション能力の修得に力を入れています。

アドミッション・ポリシー

こんな人を待っています アドミッション・ポリシー

  • 商学部における学修に必要な基礎的知識・技能を修得している人
  • 組織や地域の課題を発見し、解決するために必要な思考力・判断力・表現力を修得している人
  • 主体性をもって多様な人々と協調・協働して学ぼうとする意欲のある人
  • 流通・マーケティング分野、金融分野、組織のマネジメント分野、ホスピタリティ・マネジメント分野、簿記・会計分野、情報分野に関心のある人
  • 商学の専門知識を修得し、地域や組織のリーダーとして、積極的に社会に貢献する意欲のある人

商学部について

商学・経営学を深く効率的に学べる2専攻を新設

商学部は2018年4月に商学科と経営学科を再編し、商学科に「商学専攻」と「経営学専攻」を設けます。流通・金融・経営・情報・会計の各分野をバランスよく学びつつ、商学・経営学双方への興味に幅広く対応し、それぞれの専門性を修得した人材を育成します。

会計のエキスパートへ一直線

会計系の知識をビジネススキルとして重視

簿記・財務会計・管理会計など会計系の学びは、商学部において基本的かつ重要な分野と位置付け、商学専攻・経営学専攻では「主専攻開設科目」に指定しています。会計専門職や企業における経理などの分野で活躍できる重要なビジネススキルとして、力を入れています。

会計系の知識をビジネススキルとして重視

地域や企業と連携した実践的な学習・体験

商学部では座学に加えて、地域や企業と連携しながら実践的な課題に取り組むフィールドワーク学習やインターンシップに積極的に取り組んでいます。こうした経験を通して企業の経営戦略や課題を知り、ビジネスパーソンとしての素養を養っていきます。

将来像

商学科では、文系大学生に人気のある「マーケティング・販売」「商品開発・企画」「管理部門」などの各職種や金融業界に直結した科目を集中的に学ぶことができ、希望する進路に応じた知識を得ることができます。このため卒業生は、幅広い業種で活躍しています。
航空・ホテル・観光・旅行などの業界への就職を見据えたカリキュラムを組んでいるホスピタリティ・マネジメント学科では、ホスピタリティ産業への就職で高い実績があります。
また、いずれの学科もマネジメントについて深く学べるため、将来的には、経営者や企業の幹部など、組織の管理・運営者としての活躍も期待されます。