商学部が新しくなります

商学部が新しくなります
商学部が新しくなります

商学部を、商学科(商学専攻・経営学専攻)と
ホスピタリティ・マネジメント学科の2学科に再編します

商学部長 池上 恭子

商学は企業をはじめとするさまざまな組織を取り巻く市場の取引を、経営学は組織のなかのマネジメントを対象としています。企業を取り巻く環境は、ICT化の進展や地方創生への期待などによって、急激に変化しています。このような変化に対応するため、2018年度から経営学科(学生数494名・教員数15名/2017年5月1日現在)を商学科に再編。経営学科における教育課程や学びの環境を商学科経営学専攻に引き継ぎ、商学と経営学の両者を幅広く学べるようカリキュラムの刷新を図りました。さらに、時代のニーズに対応できるよう、情報関連科目と地域関連科目を充実。ホスピタリティ・マネジメント学科には、ブライダル科目を新設するほか、MICE(大型集客施設)開業にむけての企業と連携した人材育成など、より職業に直結した学びがかなう環境を整えました。

※ 文部科学省収容定員変更届出中

商学部の学び

私たちの生活に必要不可欠な、ヒト・モノ・カネ・情報の結びつきを現実のビジネスに即して学びます。ヒット商品の秘密、組織運営のあり方、銀行業務の実際などについて、最新の理論的な成果でアプローチします。ブランドやSNSなど気になるテーマも商学部で学べます。

商学科では2年次で
商学専攻と経営学専攻のどちらかを選びます

地域の力に直結した学び
“くまもと未来創造科目”を新設

新設するくまもと未来創造科目は地域に直結した学びとICT社会における「情報」戦略を中心としたカリキュラムです。フィールドワークや課題解決型学習(PBL)、地元企業をゲストに迎えた講義が充実します。

  • 地域とスポーツビジネス

    サッカーに続き、バスケットボールにもプロリーグが誕生。地方のクラブチームは、地元の応援を受け、活躍が期待されていますが、運営については課題がたくさんあります。その課題を解決し、チームの発展とともに地域の活性化を考えます。

  • 地域とフードビジネス

    熊本は気候風土にも恵まれ、農産物が豊かです。ブランド化や加工品の製造、体験型の販売や観光などと結びつけた6次化の取り組みもさかんです。また、海外に展開している外食やメーカーもあります。熊本の「食」を商学の視点から考えます。

  • 地域と金融

    地域経済において、金融機関は大きな役割を果たしています。金融機関が、地域に密着してどのような活動を行っているか、新しいICTをどのように活用しているか、また社会貢献活動などの多様な活動について学びます。

  • 地域と流通

    百貨店やファッションビル、ブティックやカフェの色とりどりのショーウィンドウは、都市の魅力です。地域における流通の現状と役割、まちづくり、都市の魅力と流通などについて、地域で活躍する企業や商店街とともに考えます。

このほかに、「ものづくり経営学」「現代ビジネスと情報」「中小企業とICT」「事業継承論」があります。

「地域社会」がフィールド!学びの成果をビジネスで実践

商学部の学びで重視するのは、講義やゼミで得た知識を地域のなかで実践すること。マーケティングの知識をいかし企業や自治体と取り組む商品開発、情報スキル・ICTを活用したアプリ開発、さらには起業も。学びが即ビジネスにつながることを体感できるのが商学部の魅力です。

地域活性化をめざし学生が高森町で起業

地域活性化をめざし学生が高森町で起業

阿蘇郡高森町で財政状況の聞き取り調査をおこなうなど、地域と連携した学びに力を入れている吉川晃史ゼミでは、町の魅力を掘り起こし、同町の特産品である「田楽」をいかした商品開発やプロモーション活動に取り組んでいます。2016年8月には熊本県の「中山間地域サポート推進事業」に採用され、高森田楽保存会の協力のもと、田楽文化を子どもたちに伝えようと、野菜が登場する絵本「でんがくんたんじょう」を制作。地域の幼稚園や小学校にも配布するなどの活動も行っています。
また、熊本地震で観光客が減少した町を活性化させたいと、観光まちづくりを推進する企業やつるのこいも生産者、田楽店舗、同町のレストランを運営するシェフと協同で通信販売や持ち帰りに向けた商品開発にも取り組んでいます。2017年3月には、活動の延長として学生3名が株式会社NUMA(ヌーマ)を設立。本学と高森町で包括的連携協定も結ばれ、今後さらなる発展が期待されています。

活動の動き

活動の動き

山崎製パン・ローソンとの商品開発

山崎製パン・ローソンとの商品開発

「日本の流通とマーケティング」を研究テーマとする吉川勝広ゼミでは、商品の生産から消費に至る市場の流れを実践を通して学ぶことを目的に、企業とのコラボレーションにも積極的に取り組んでいます。
2016年には、山崎製パン株式会社、株式会社ローソンと共同企画した新製品「メロンパンサンド(熊本県産晩白柚のペースト入りジャム)熊本県産小麦粉使用」が期間限定で、九州エリアのコンビニエンスストア ローソンで発売されました。
商品は、消費動向を意識し、味、食べやすさ、パッケージのデザインに至るまで試行錯誤を繰り返し、学生がアイディアをブラッシュアップ。熊本県産の原材料にこだわったパンには、熊本地震からの復興への想いが込められ、多くの方に好評をいただきました。