ニュース

2018.12.25 全学科
入学前準備講座を実施しました

12月15日(土)、推薦入試等ですでに合格が決まっている高校生を対象に入学前準備講座を実施しました。この講座は、大学入学まで学習習慣を持続し入学後の勉学および学生生活をスムーズに始められるようにすることを目的としています。

午前10時40分から午前の部がスタート。商学部の会場は1222教室(12号館2階)です。まず、商学科長の吉川勝広教授とホスピタリティ・マネジメント学科長の萩原修子教授から歓迎のメッセージを、そしてサポート学生をつとめてくれた商学科の森要輔くんと井手龍哉くん、ホスピタリティ・マネジメント学科の濱崎陽さんと長澤友香さんからは先輩としてのアドバイスをそれぞれいただき、そのあと、商学部長の今村寛治教授から「大学での学びについて」というテーマで、高校と大学の違い、大学での単位の取り方、入学までの準備、学習課題などについて詳しい説明がありました。

昼食をはさんで午後1時から再開。午後からは、商学科が1222教室、ホスピタリティ・マネジメント学科が1236教室(12号館3階)に分かれ、「コミュニケーションと仲間づくり」というテーマで「ミステリーゲーム」に挑戦してもらいました。3~4名でチームをつくり、難問・奇問のクイズに答えてもらうという内容です。メンバーは初対面同士でしたが、すぐ仲良くなり一緒に頑張ってくれました。ホスピタリティ・マネジメント学科では最後に集合写真まで撮影するほど盛り上がったそうです。午後2時40分からは希望者のみの出席で、商学科の会計専門職コースの説明会が開かれ、日程が終了しました。

商学部に入学が決まったみなさん、入学式の4月3日(水)に会えるのを楽しみにしています。もちろん、課題もきちんとやってきてくださいね。