ニュース

2017.11.18 全学科
応用演習Ⅰで(株)オジックテクノロジーズの金森秀一社長がゲスト講義を行いました

11月15日(水)、商学部・堀越昌和准教授の応用演習Ⅰで、(株)オジックテクノロジーズの金森秀一社長によるゲスト講義が行われました。

1947年に創業した(株)オジックテクノロジーズは従業員数117名、資本金2300万円の中小企業ですが、「ものづくり日本大賞 九州経済産業局長賞(2013年)」、「熊本県リーディング企業認定(2016年)、「熊本県ブライト企業認定(2016年)」などを受賞し、今日、県内でも指折りの研究開発型企業として知られています。また、ゲスト講師を務められた金森社長は、一般社団法人熊本県工業連合会会長であり、熊本の工業界を牽引するリーダーです。

金森社長は1989年に事業を承継されましたが、経済社会の構造変化や主要事業の変遷過程を踏まえながら、今日へと至る70年におよぶ同社の変革の歴史と、そうした歴史から紡がれた「OGICの経営スタイル」を分かりやすくお話してくださいました。

そして、起業志望者や承継予定者など17名のゼミ生に対しては、中小企業を経営するリーダーとしてのお立場から、「低成長のいま、社長一人ではなく、社員それぞれが考える必要がある」こと、「自分の仕事がなければ社会は成り立たないという自信を持ち、社会に貢献し充実した人生を歩んでほしい」こと、そうした社会人になるための準備として「目標や願望を持ち、自己を啓発していく」ことの大切さを、メッセージとして送ってくださいました。