ニュース

2016.12.22
税理士・公認会計士試験合格者に同窓会が奨励金授与

 12月22日(木)、本学の同窓会志文会から、公認会計士試験・税理士試験に合格した学生に奨励金が贈られました。

 これは、志文会の税理士・公認会計士支部が、税理士や公認会計士をめざす学生の支援を目的として行っているもので、今年度は公認会計士試験(論文式)に合格した商学部生1名、税理士試験に科目合格した商学部生2名・会計専門職研究科の院生1名に授与されました。

 贈呈式には、同支部の会員15名が出席し、激励の言葉と拍手で学生の合格を祝いました。森瀬敏明支部長は「本学出身の多くの先輩が、税理士・会計士として第一線で活躍しています。みなさんもぜひ一員として、我々の活動を一緒に盛り立てていってほしい。そのためのサポートは惜しみません」とお祝いの言葉を述べました。

 商学部の会計専門職コースに在籍し、税理士試験2科目に合格した﨑村和晃さん(商学科4年)は、「ゼミの吉川先生や一緒に勉強してきた仲間たちの存在が合格につながったと思う。絶対合格したいという気持ちでやってきたので、今は素直に嬉しいです」と顔をほころばせました。