学科DATA 学生数:306名
(男子:10%/女子:90%)
教員数:8名

観光・航空・ホテル・ブライダル・医療福祉など「ホスピタリティ産業」の現場で求められる専門的な知識・スキルを身につけ、それらをもとに組織を管理・運営する能力を修得します。
全国的にも珍しい3カ月間の「長期インターンシップ」を通して接客サービスの経験を積み、即戦力として活躍できる人材を育成します。

ホスピタリティ・マネジメント学科

時代は、サービスからホスピタリティへ。
「おもてなしの心」で可能性を広げる新たなマネジメントスタイルを学びます。

学びのキーワード

  • ホスピタリティ産業

    観光・航空・ホテル・ブライダル・医療福祉など「ホスピタリティ産業」への就職を見据えたカリキュラムを用意しています。実践・体験型の講義を通して、即戦力として役立つスキルや教養を身につけ、現場で求められるホスピタリティのあり方を学びます。

  • 長期インターンシップ

    本学科の最大の特徴は3カ月間の長期インターンシップ(就業体験)です。仕事を覚えて人間関係を形成するのに必要な時間は3カ月と言われており、ホテル、エアライン、旅行、ブライダル、医療事務の現場などで実践力を身につけます。

  • MICE

    2019年夏にオープン予定の「桜町地区新商業施設」(通称MICE)をはじめ、熊本の商業圏では観光で地域を活性化するプロジェクトがスタートします。本学科では、MICEに関わる企業と連携したプログラムを企画し、ホスピタリティを身につけた「コンシェルジュ」として現場で活躍できる人材を育てます。

学科の学び

アクティブ・ラーニングや長期インターンシップで、主体的に学び、自ら考える力を身につける。

TGC開催やMICEオープンなど発展をとげる熊本で次代の“おもてなし”を極めた人材育成へ

ホスピタリティの基本を総合的に学び、2年次秋学期からは長期インターンシップで3カ月の就業を体験。3・4年次で「マネジメント系」「旅行業系」「ホテル・エアライン・ブライダル系」「医療系」の4つの専門領域を学びます。また、自らの経験を重視し、ホスピタリティを体系的に学修できる仕組みを備えています。熊本は、2019年春にTGC(東京ガールズコレクション)開催、同年夏には桜町地区新商業施設(通称MICE)オープンを控えるなど、観光・商業の発展が目ざましい地域。本学科ではこういったプロジェクトと連携した企画でホスピタリティ業界で活躍する人材を育成します。

キーワード

資格取得等

旅行業務、接遇・マナー、TOEIC など社会で即戦力となる資格取得に直結した授業を開講。

取得できる免許・資格

  • 司書
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • レクリエーション・インストラクター
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 日本語教員養成課程終了証書

取得や受験を支援している資格・検定

  • 旅行業務取扱管理者
  • 診療報酬請求事務能力認定試験(医療事務)
  • TOEIC®
  • 日本語検定
  • 秘書検定

学びの流れ

一年次 ホスピタリティを基本から学びながら、 関連する科目を総合的に修得する

  • ホスピタリティ入門セミナー

    ホスピタリティ入門セミナー

    少人数のゼミ形式で、ホスピタリティの基本的な考え方を学んでいきます。合同ゼミによる学外研修発表会などを通して、人間関係構築の場にもなります。

  • ビジネスマナーⅠ

    ビジネスマナーⅠ

    ビジネスの現場で求められるマナーやコミュニケーションスキル、プレゼンテーションスキルなどの知識と技能をロールプレイングを取り入れながら実践的に学びます。

二年次 インターンシップで経験を積み より実践的な学びへとつなげる。

  • 地域ビジネスとホスピタリティ

    地域ビジネスとホスピタリティ

    人口減や超高齢化社会によりさまざまな分野で人工知能(AI)やロボットの活用が見込まれています。これらを使いこなす専門知識に「優れた人間力」を兼ね備えることで、人間の能力を総合的に向上させることを学びます。

    ※ 画像はイメージです。

  • エアライン特講

    エアライン特講

    航空業界への就職に向けて、航空業界の現役・元客室乗務員たちをゲスト講師に迎え、面接時の身だしなみ・マナー・立ち居振る舞いなどの重要性を体験的に学びます。

  • ブライダルマネジメント

    ブライダルマネジメント

    結婚式場関係者から婚礼の歴史や今後のブライダル業界の動きなどを「婚礼ビジネス」と関連付けて学びます。接客業全般に関わる飲食・装花などさまざまな分野の知識を修得します。

三年次 4つの分野ごとにホスピタリティについて専門的に学び、ゼミで考えを深めます。
  • マネジメント
  • 旅行業
  • ホテル・エアライン・ブライダル
  • 医療
  • ホスピタリティ・セミナーⅡ・Ⅲ/波積ゼミ

    ホスピタリティ・セミナーII・III/波積ゼミ

    学生発信で行う活発なゼミ

    波積ゼミでは、企業とコラボして商品開発をしたり、他大学生とビジネスアイデアのコンペを行ったりします。ゼミの活動は学生発信で行うものが多く、「何事もまずやってみる」という雰囲気がある所が、このゼミの良さだと思います。


    神山 菜央

    ホスピタリティ・マネジメント学科4年
    神山 菜央
    熊本県/熊本北高等学校出身

  • 医療マネジメント

    医療マネジメント

    医療事務の仕事内容、医療を巡る問題、現場で求められる人物像など、医療事務職や医療マネジメントに必要な能力や技術を理解し、専門的な知識を身につけます。

四年次 4年間の集大成として、卒業論文に取り組む。

就職実績 (過去3カ年の実績より抜粋)

  • 全日本空輸(株)
  • (株)ジェイエア
  • (株)スターフライヤー
  • JALスカイエアポート沖縄(株)
  • (株)星野リゾート
  • (株)三井不動産ホテルマネジメント
  • (株)ホテルマネージメントジャパン
  • ハウステンボス(株)
  • 高見(株)
  • (株)鶴屋百貨店
  • (株)ザラ・ジャパン
  • (株)三井住友銀行
  • (株)宮崎太陽銀行
  • (株)九電工
  • 熊本赤十字病院
  • 有限責任監査法人トーマツ

内定者Message

インターンシップや留学経験が大きな自信に

インターンシップや留学経験が大きな自信に
山中 千春 2018年3月卒業
ハウステンボス株式会社

熊本県/熊本学園大学付属高等学校出身

 留学制度が整っていることやホテル業などのホスピタリティ業界に興味があったことか ら本学科へ入学。熊本市国際交流会館でのインターンシップではさまざまな国の人と触れあい、人と接する仕事の楽しさを学びました。3年次には念願の留学にも挑戦。留学援助金をはじめ、現地の授業プログラムなど手厚いサポートを受け、語学力を磨くことができました。学びをいかし、海外の方に対しても心を込めた接客をしていきたいです。

カリキュラム

(2018年度入学生適用)

※ 複数の資格に重複する科目は、複数回履修する必要はありません

ゼミテーマ一例
土井ゼミ 日本の生活や文化とホスピタリティのつながり
萩原ゼミ 文化とホスピタリティ
波積ゼミ フードビジネスにおけるホスピタリティ~マーケティング・リサーチの実践
林 ゼミ ホスピタリティ産業の研究
米川ゼミ 表象文化論
伊津野ゼミ 交通とホスピタリティ
奥野ゼミ プレゼンテーションと企画立案
徳永ゼミ ビジネスパーソンのキャリア研究

※ 年度により変更になるゼミもあります。

モデル時間割 (2年次・春 学期)

  MON TUE WED THU FRI
1 限     アジア文化と
ホスピタリティ
   
2 限 接客会話
(日英比較)
ホスピタリティ・
ワークショップⅡ
ホスピタリティと
経営戦略
ビジネスマナーⅡ ヒューマン・
リソースマネジメント
3 限     TOEIC対策Ⅱ   環境論ⅡA
(環境と人間社会)
4 限 ライフ
マネジメント
セメスター
セミナーⅠ
  エアライン特講  
5 限 国際コミュニ
ケーション演習Ⅰ
歴史と現代Ⅱ
(日本と中国)
  手話Ⅰ キャリア
デザイン論Ⅱ